徳倉建設(名古屋市)が九州建設(福岡市)の株式を取得

徳倉建設㈱(名古屋市)が九州建設㈱の株式の84.78%を、平成29年4月5日付けで取得し子会社化することが発表されました。

九州建設㈱は昭和24年3月15日に設立され、九州地区を中心にして主に民間建築工事で多くの実績を残し、技術力と顧客からの信頼によって高いブランド力を保有する老舗の建設会社。
徳倉建設㈱は、昭和22年4月21日に設立された、中部地区に基盤を持つ総合建設会社で、事業領域の主なものは公共工事、民間工事、海外工事の各分野に及び、いずれの分野においても中堅建設会社としての実績を有している。

徳倉建設㈱は、九州建設㈱を子会社化することで、九州地区における共同営業体制、建築・土木の技術的補完体制、海外を含めた工事施工要員の人材交流等、当社グループにおけるシナジー効果が期待できると判断しており、同社からの合意が得られたため、取締役会で買収を決議した。

発表サイトへのリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。