西部ガスがエストラストを公開買付けで買収

西部瓦斯株式会社(福岡市博多区)が、平成 29 年1月 23 日開催の取締役会において、株式会社エストラスト(山口県下関市)の普通株式を金融商品取引法に基づく公開買付けにより取得することを決議し、平成 29 年1月 24 日より本公開買付けを実施しきたが、本公開買付けが平成 29 年2月 20 日を以って終了し、本公開買付けの結果、平成 29 年2月 24 日付で、同社を連結子会社とする予定であると発表しました。

 

株式取得の目的等

西部瓦斯株式会社とその連結子会社 32 社、持分法適用関連会社2社及びその他の子会社・関連会社で構成される企業グループ(以下「公開買付者グループ」といいます。)は、昭和5年の設立以来、主力事業である都市ガス事業においては、福岡県、熊本県及び長崎県の3県で約 110 万戸に都市ガスを供給しているほか、LPG(液化石油ガス)事業や不動産事業、食品販売事業、飲食店事業、情報処理事業、熱供給事業、太陽光発電事業等を展開している。
不動産事業においては、土地・建物等の賃貸を行っているほか、住宅建築、宅地開発及び不動産の開発を行っており、連結子会社である九州八重洲株式会社は、自社ブランド「ジョイナス」のもとに、福岡都市圏でこれまでに分譲戸建住宅 2,070 区画、分譲マンション 353 戸及び賃貸住宅76 戸等の供給実績(平成 28 年1月現在)を積み上げてきた。
一方、対象者及び連結子会社である株式会社トラストコミュニティの2社で構成される企業グループは、主に不動産分譲事業、不動産管理事業、不動産賃貸事業を展開しており、平成 11 年1月の設立以来、自社ブランド「オーヴィジョン」分譲マンション及び分譲戸建の販売、マンション完成後の建物管理及び様々な「住」関連サービスを手掛ける総合不動産会社として事業基盤を固めてきた。そして、平成 24 年 11 月に東京証券取引所マザーズ市場への上場、平成 26 年8月に東京証券取引所市場第一部への市場変更を実現している。
このため、両グループは、 事業エリア及び物件タイプの相互補完、 不動産事業の拡大と安定性の向上が見込めるとして、本件買収を決定したとしている。

 

本発表へのリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。