西部ガスが八仙閣を買収

西部ガス株式会社が、株式会社八仙閣のすべての株式を西部ガス株式会社が取得することで合意し、株式譲渡契約書に調印したと発表しました。

 

株式取得の理由

西部ガスグループはこれまでも、レストラン「&and」、「パピオパル」の運営を通じて、高品質の料理やサービスを提供してきた。
『炎』の特長を生かした食の提案、飲食業界への情報発信と収集、『炎』が作り出すおいしさをアピールするイメージ戦略など、都市ガスを利用した「『炎』で味わうビジネス」が、八仙閣がグループに加わることにより拡充・強化されるとしている。
八仙閣は今後、西部ガスグループの一員として、これまでと変らない高品質のサービスを提供しいくとのこと。

 

発表サイトへのリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。