越智産業が丸滝をM&A

OCHIホールディングス株式会社は、平成 29 年 12 月 20 日開催の取締役会において、当社の連結子会社である越智産業株式会社が株式会社丸滝の発行済株式の全てを取得し、同社のグループ会社とすることについて決議したと発表した。

株式の取得の理由

同社グループは、建材・住宅設備機器の卸売を主たる事業として、建材事業・生活事業・加工事業・その他の4事業を展開しており、建材・住宅設備機器の卸売においては西日本地区で売上高1位の規模まで拡大している。
また、今後の成長戦略として、事業エリアの拡大や建築工事等の隣接分野の強化を掲げている。
今般株式を取得する丸滝は、明治 42 年に長野県で丸滝材木店として創業して以来、顧客の様々なニーズを的確にとらえて業容を拡大し、現在では3拠点で建材・住宅設備機器の卸売及び建築工事の請負を行なっている。特に、内装工事を中心とした建築分野においては、高いノウハウ、技術力を蓄積し、地元にて確固たる地位を築いているとのこと。
今後同社グループといたしましては、丸滝を中核として甲信越地区における事業展開を図るとともに、丸滝との人材の交流による技術、ノウハウの蓄積等を通して、事業ポートフォリオの拡充及びグループシナジーの一層の追求を図り、持続的に成長できる事業体制の構築を目指すとしている。

 

本発表へのリンク

OCHIホールディングス株式会社のNewsページ

 

M&Aについて知る

M&Aの進め方

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。